じっくりと話を聴いてもらうことで悩みが解消される

サイトメニュー

心に不安を感じたら

電話する女性

気軽に利用できる窓口

日常生活の中で悩みや心配事を抱え込んでしまい、ひとりでは解決できないことがよくあります。職場では「上司や同僚と反りが合わない」「仕事が上手く進まず壁に突き当たっている」「毎日出勤するのが辛い」などが代表的な悩みです。また家庭では「夫婦の仲がギクシャクしている」「子供が何を考えているかわからない」「いつもメンタルな面で不安を感じている」などの悩みがあります。このようなとき身近に相談相手がいれば、幾分は心が楽になりますが、誰にも打ち明けられず袋小路にはまってしまう場合も少なくありません。こうした症状が悪化すると、やがてうつ病で休職や入院といった事態に陥る可能性もあります。そうなる前に利用したいのが、精神科や心療内科の電話相談です。いきなり精神科の門を叩くのは気が進まないという方も、電話であれば気軽に利用できるでしょう。医療機関まで足を運ぶ必要もないし、プライバシーの漏洩を恐れることもありません。無料で利用できるサービスも多いので、費用の点でも安心といえます。深刻な悩みは誰かに話をするだけでも、心が軽くなることがよくあります。「精神疾患ではないか」とあれこれ心配するよりも、まずは電話相談を利用してみることをお勧めします。

精神科や心療内科の電話相談は、単なるカウンセリングとは違って、専門の医師による医療的な立場からのアドバイスを受けられるのが特徴です。もちろんカウンセリングだけでも、悩みや苦しみが解消するケースは少なくありません。ただし病気の疑いがあるときや、精神疾患の既往歴があるときなどは、必要以上に心配をしてしまう恐れがあります。そんな場合でも専門の医師に相談することで、適切な対処法を見つけられるでしょう。もし電話相談だけでは解決せず、治療が必要になったときには、最適な医療機関の紹介を受けることもできます。この場合はあらかじめ本人の状態がわかっているので、診断がスムーズに運ぶというメリットがあります。軽く考えていた症状が、実は意外に重症だったというケースもあるため、医師の判断を受けることは重要です。本人が悩みや異常を認めたがらないというのも、精神疾患ではよくあることです。家族が精神科を受診するように勧めても、頑として拒否されたりします。そうしたときは家族が電話相談をすることで、解決の糸口が掴めるかもしれません。本人には知られずに相談できるので、トラブルが起きる恐れはありません。これは子供の問題行動が心配なときにも利用できます。